ペトラの“ドイツを知ろう”講座~ドイツのパンを作ろう~

1月23日(水)、香川県社会福祉総合センターにて、ドイツのパン教室が開かれました。参加者は12名。国際交流員のペトラさんによるご指導のもと、ドイ ツの朝食でよく目にする小さな丸パン(Broetchen:ブローチェン)に挑戦しました。4つのグループに分かれ、ひまわりの種入り、ケシの実入り、ク ミンの種入り、そしてプレーンの4種類のブローチェンを作りました。生地を寝かせる際の温度調節に苦労しましたが、身の詰まった重みのあるパンが出来上が りました。簡単に作れるハーブバターを添え、ハーブティーと一緒に試食を楽しみました。また、ドイツパンの種類や食文化などの説明を聞きながら、ドイツを 旅した時のことを思い起こす参加者も見受けられました。ドイツのパンを自分で作って味わうことができるようになり嬉しく思います。
[長澤 あい]

Kurs von Petra “Deutschland kennen lernen!”
Deutsches Brot backen!

Am 23. Januar fand im Shakai-Fukushi-Zentrum (einer sozialen Wohlfahrtseinrichtung) ein Backkurs statt. Wir zwölf Teilnehmer lernten von Petra Nagel mühevoll deutsche Brötchen backen. Sie hat uns vier Sorten Brötchen (einfache, mit Sonnenblumenkernen, Mohn und Kreuzkümmel) beigebracht. Dabei bildeten wir vier Gruppen und jede Gruppe buk eine Sorte. Es fiel uns sehr schwer, die Temperatur des ruhenden Teigs zu regeln. Trorzdem konnten wir festes schweres (typisch deutsches) Brot herstellen und genossen eine Kostprobe mit Kräuterbutter, die wir einfach zubereiten konnten, und Kräutertee. Petras Erklärung über Brot in Deutschland und die deutsche Esskultur erinnerte uns an die Tage in Deutschland. Ich freue mich sehr darüber, ab heute bei mir zu Hause Brötchen probieren zu können.
(Bericht und Übersetzung: Ai Nagasawa/JDG Kagawa)

カテゴリー: 平成19年度 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です