新年会~春をよぶ会~開催(2008年)

2月3日、立春の日に恒例の新年会”春を呼ぶ会”が催されました。
今回2人の客人の方が参加されました。
ボン独日協会 シュミッド陽子・植田さん。
ちょうどドイツから日本へ里帰りされていて、春を呼ぶ会に参加してくださいました。
香川日独協会とボン独日協会が姉妹提携をする時お世話になった方です。
日独の架け橋としてボン独日協会の顧問的存在になっておられます。
私は失礼おも顧みず「ご主人が亡くなられてもずっとドイツに住んでいらしゃるのはどうしてですか」と尋ねたところ、シュミッド陽子さんは「ドイツが住みや すく、友人もたくさんいるから」と答えてくださいました。とても印象に残ったお話で、私はほっとするようなうれしい気持ちになり、シュミッド陽子さんのこ れからのご活躍とご多幸、そしてドイツ国の発展を願ったものでした。
鳴門市ドイツ国際交流員ワーグナー氏。
ドイツ語と流暢な日本語での自己紹介に拍手がわきました。会場から「シュワルツネッガーに似ている、、、」という声も聞こえていたようです。 鳴門のドイツ館で日独の交流に尽力してくださっている方です。
オペラ歌手を目指しているJG会員・児玉律子さんが素晴らしい歌声を披露くださいました。
自己紹介の時は小さなかわいい声だったのですが、最上先生の伴奏で歌い始めるとボリュウムの有る部屋を揺るがすような歌声で感動的でした。私は一瞬「マイ クがどこかにあるのでは・・」と探したものでした。
後みんなで一緒にドイツ語で楽しく歌いました。
最後に春いっぱいの真っ赤な苺の乗ったケーキを頂いて、西原先生の司会のもと和やかで盛り上がった”春を呼ぶ会”は閉会となりました。
[六車和代 ]

Neujahrsparty 2008 “Den Frühling hereinrufen”

Am 3. Februar fand die jährliche Neujahrsparty “Den Frühling hereinrufen” statt.

Dieses Mal hatten wir zwei Gäste.

Frau Yoko Ueda-Schmidt von der Deutsch-Japanischen Gesellschaft Bonn war gerade aus Deutschland zurückgekommen und besuchte unsere Party. Bei der Zusammenarbeit zwischen der DJG Bonn und der JDG Kagawa leistet sie große Hilfe und spielt eine wichtige Rolle als Brücke zwischen Japan und Deutschland.

Ich freute mich sehr, mich mit ihr zu unterhalten, und wünschte ihr alles erdenkliche Glück für ihre weitere Tätigkeit.

Weiterhin besuchte uns Herr Wagner, der der Zuständige für internationalen Austausch in Naruto ist und Arnold Schwarzenegger ähnlich sehen soll. Als er sich sowohl auf Deutsch als auch in fließendem Japanisch vorstellte, brach viel Beifall aus. Er ist tätig beim Deutschen Haus von Naruto.

Frau Ritsuko Kodama von der JGK, die den Wunsch hat, Opernsängerin zu werden, präsentierte uns ihre wunderschöne Singstimme unter der Keyboardbegleitung von Professor Mogami. Ihre Stimme drang durch das ganze Zimmer, so als ob sie über Mikrofon gesungen hätte.

Danach genossen wir das gemeinsame Singen auf Deutsch. Zum Schluss konnten wir den frühlingsstimmungsvollen Kuchen mit frischen Erdbeeren kosten. Unter der Leitung von Professor Nishihara verlief die Party friedlich und anregend.

(Bericht: Kazuyo Muguruma, Übersetzung: Ai Nagasawa /JDG Kagawa)

カテゴリー: 平成19年度 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です