リース作りとドイツのクリスマス

平成21年12月12日(土)、午後1時より香川県社会福祉総合センターにて、クリスマスイベント「リース作りとドイツのクリスマス」が 開催されました。

今回は、若者の会(JGK)の企画運営により開催しました。まずは、11月29日(土)、メンバーの有志で、立本道子会員の指導により、 参加者の皆さんに食べて頂くシュトーレン作りをしました。ドイツでは、食べて楽しむのみでしたが、シュト―レンの材料や作り方、また歴史などを知り、その 美味しさに益々興味がわきました。

さて、クリスマスイベントの当日は、留学生のTobias(鳶明日)君が、ドイツのクリスマスについて彼の家を例にあげ、分かりやすく面 白く話してくれたり、クリスマスに食べるお菓子の写真も見せてくれました。その後、JGKメンバー川田敦子さんを講師に、クリスマスリース作りに挑戦しま した。始めは苦戦しておりましたが、完成すると同じものは一つ無く、個性に溢れた自分だけのリースが出来上がり、参加者の皆さんの笑顔を見ることができま した。最後は、手作りのシュトレン、そしてドイツのハーブティーを味わい、作業の疲れを癒して頂きました。

Frohe Weihnachten und ein glückliches Neues Jahr !!!

[長澤あい]

カテゴリー: 平成21年度 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です