ドイツ便り Sep. 2015

11947589_911968208882518_8498289579318930316_n9月5日、ドレスデンのある地域でファミリー向けのお祭りがありました。

主にその地域に住むファミリー対象ですが、誰でも入場することができます。ビュッフェやフローマルクト(蚤の市)があり、いくつかステージがあり、コーラスやいろんな楽器の演奏も楽しめます。そのお祭りで、私もピアニストの夏山めぐみさんと共にオカリナ演奏で参加させていただきました。

30分の演奏でしたが、ディズニーやジブリなどの他、クラシックやオカリナ用に作曲された作品を演奏しました。初めてオカリナを見た方も楽しんでくださりとても嬉しかったです。
11987147_911968278882511_2153688433371451801_n


演奏の後は、私たちもお祭りを見て回りました。お祭りと言えば露店。時おり綿菓子を持っている人を見かけます。綿菓子に目がない私は、会場中、綿菓子のスタンドを探して回りました。やっと綿菓子にありつけてご満悦です。
11992252_10206376744931798_93805967_n
お祭りの最後は、お菓子の串刺しをもらってまたまた幸せな気持ちになりました。
11992173_10206376755852071_1664402027_n
日本のお祭りとは雰囲気が違いますが、久しぶりに童心に戻って楽しむことができました。


そして、その夜はドイツ便りでは何度か紹介しているヴァッカーバース城で、タンゴのコンサートがあり聴きに行きました。ピアノ、バンドネオン、歌、それにカホンが加わり、情熱的な曲からしっとりした曲までステキな演奏を楽しむことができました。ワイナリーということもあり、たくさんの方々がワインを頂きながら演奏を楽しんでいました。残念ながら演奏中の写真はありません。
11923607_911968262215846_6267493971873739725_n


9月27日は中秋の名月でした。お月見を楽しまれた方も多いことと思います。ドレスデンの子ども会(日本人、日本人とのハーフの子どもたち対象)で、折り紙でススキを作りました。予めコットンで人数分のお団子と折り紙でそれを載せるお皿、またススキを立てる花瓶を作っておきました。ススキが作れたらこのようにお月見セットが完成します。
12046625_918887088190630_2593394702317708853_n
ドレスデンでも27日はお天気がよくてきれいな月を見ることができました。また翌日もスーパームーンを見ることができました。日本から離れていても、見上げる空は同じで、日本の文化も楽しむことができ、感慨深いものがありました。
グバレフ-三宅 真紀子
香川日独協会会員。ドレスデン椿の会会員。
2011年12月より本格的にドレスデンで生活することになりました。ドイツの家族やその友人、独日協会、日本人の会の方々に支えられながら、ドイツ生活を送っています。
カテゴリー: ドイツ便り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です