ベルリン独日協会との交流会

平成28年4月15日(金) 〜 4月16日(土) ベルリン独日協会より15名の旅行団が香川県に訪れました。
事前に旅行団のことを知らされた若者の会は、楽しい時間を過ごしてもらうためにどうすれば良いかを話し合いました。移動手段や時間などは予め決まっていましたが、香川県をもっと好きになって貰うお手伝いができたと思います。
この記事では、琴平で行った懇親会と同行した栗林公園観光について報告します。

【4月15日(金) ベルリン独日協会との交流会 琴平懇親会】
旅行団の皆様は、お昼前に香川県へ到着しました。金比羅山を参拝後、宿泊先の琴参閣近くの骨付き鳥のお店田中屋にて若者の会主催の懇親会を行いました。懇親会に参加したのは、旅行団の15名と若者の会を含めた香川日独協会14名の総勢29名です。
ベルリンから訪れた旅行団の方と様々な会話を楽しみ交流を深めました。会の終わりに、若者の会より旅行団の皆さまに香川県に訪れた記念のお土産として「善通寺のご朱印」と「折り紙の兜」をお送りしました。皆様心から喜ばれていたご様子で、終始笑顔の絶えない素晴らしい懇親会となりました。

【4月16日(土) ベルリン独日協会との交流会 栗林公園観光】
旅行団の皆様とは、ことでん栗林公園駅で合流しました。栗林公園観光に参加したのは、旅行団の15名と若者の会を含めた香川日独協会17名の総勢32名で、自己紹介や前日の懇親会の話をしながら栗林公園まで歩きました。
当日は快晴で、新緑がとても綺麗な園内を、3つのグループに分かれて散策しました。見どころが本当にたくさんあるので自由に散策したいという方もいて、旅行団の皆様は思い思いの方法で日本庭園を満喫されていました。園内を一通り散策した後、お昼には芝生広場の大きな楠木の下に座ってお弁当を食べました。
最後の集合写真撮影では旅行団の皆様が、この旅の記録を残したいと、ご自身のカメラや携帯を手渡してくれて、本当に楽しんで頂けたのだと思いました。

最後になりましたが、今回、香川県を訪問された旅行団の皆様に感謝を申し上げますとともに、こういった機会を与えて下さり、ご協力頂きました多くの皆様にもこの場をお借りして御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

香川日独協会 若者の会 共著
引地 桃子/高橋 圭輔/伊藤 考晃
カテゴリー: 平成28年度 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です