丸亀俘虜収容所に見る日独交流

(ドイツ兵が撮った写真展)
日 時: 8月7日(月)~10日(木)
場 所: 四電プラザ・サンポート

四国新聞2006年8月10日掲載記事

カテゴリー: 平成18年度 パーマリンク

丸亀俘虜収容所に見る日独交流 への4件のフィードバック

  1. Walkley3717 のコメント:

    こんにちは。

    最近知ったのですが、丸亀が日本女子サッカー発祥の地とも言っていいくらいの写真が見つかったそうです。
    それは、丸亀女子高等学校の運動会の一競技の様子みたいでした。
    何でも、昔から陸軍施設があった丸亀に俘虜収容所が出来、
    ドイツ人捕虜から伝わったと、サッカージャーナリストから聞きました。

    質問なんですが、丸亀俘虜収容所とはどこにあったのでしょうか?
    住所や現在の建物の名前などを教えてください。

    • 香川日独協会事務局 のコメント:

      質問ありがとうございました。
      丸亀のドイツ兵俘虜収容所は本願寺塩屋別院 〒763-0065 香川県丸亀市塩屋 町4-6-1. にありました。
      丸亀のドイツ兵俘虜研究会が詳しく調査しています。

      • Walkley3717 のコメント:

        こんにちは。

        ご返答頂き、ありがとうございました。
        せっかく香川県に長期出向中なので、行ってみます。

        もう一つ質問なんですが、
        なでしこジャパンの元祖、
        丸亀女子高等学校はどこにあったのでしょうか?
        住所や現在の建物名などを教えてください。

        • 香川日独協会事務局 のコメント:

          丸亀女子高等学校は戦後旧制丸亀中学、丸亀高等女学校が新制高等学校へ変化する過程で昭和23年から24年まで存在しました。
          香川県立丸亀高等女学校は明治39年の創立で、現在の丸亀高校に西に存在していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です