ミュラー領事駒ヶ林旧陸軍墓地墓参

「ビールとドイツ音楽の夕べ」(主催:丸亀ドイツ兵俘虜楽団の足跡を辿る会・(財)丸亀市福祉事業団、後援香川日独協会他)が平成21年8月28日 (金)、丸亀市にて開催され、 大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館より、ミュラー領事ご一家が参加した。
領事は翌日29日(土)、丸亀市土器町にある駒ヶ林旧陸軍墓地を墓参献花され、日独協会からも武部会長、山下理事、長澤理事が同行した。陸軍墓地には、 第一次世界大戦時ドイツ兵俘虜として丸亀に送られ、俘虜生活を送っていたテンメ氏の墓碑がある。墓地に着くと、自治会の方々が一週間後の慰霊祭に向けて清 掃活動をされており、とても気持ちよく迎えていただいた。短い時間でしたが、素敵な交流となった。
領事ご一家が、みんなで墓碑に彫られている文字を一生懸命解読している姿が印象的でした。ミュラー領事ご夫妻は、昨年に続き2回目の丸亀訪問で、来年の 再会をお互いに約束し、帰途につかれました。
[長澤あい]

カテゴリー: 平成21年度 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です