ボンより【ドイツ便り201201】

ご無沙汰しております。大寒を迎える季節となり、いよいよ冬本番となりました。今年のドイツは暖冬ということですが、私にはそれでも冬の寒さが身にしみます。

新年会にて、ボルン前会長(右)とフローリアンさん(左)

新年会にて、ボルン前会長(右)とフローリアンさん(左)

さて、先日15日に独日協会ボンの新年会が開かれ、ボルン前会長のお誘いで私も出席させて頂きました。私は他に招待されていた日本人留学生3人と餅つき係を担当しました。実はみんな杵を使うのは初めであり、少し不安だったのですが、とても美味しい醤油餅を作ることができ、無事大役を務めることができたと感じています。その他にもドイツ人の方々による居合、合気道の演武、俳句詠みや日本の歌の合唱もありとても楽しい会となりました。また新年会では多くの人とお話ができました。私の横に座っていたペンクイット・フローリアンさんは日本に大変興味を持っており、3月に高松を訪れるとのことで、一緒にうどんを食べに行く約束をしました。私は、日独交流150周年という記念すべき年にドイツに来られたことを、とても光栄に思っています。これからも良きパートナーとしてお互い交流、協力し合えることを願っています。

また私は、つい先日、国際インターンシッププログラムの全日程を無事終了いたしました。ドイツ生活も残りわずかとなり、お別れの言葉を言う機会も多くなりました。みんなに熱い言葉をかけられる度に、寂しい気持ちになりますが、楽しい時間を過ごすことができたという満足感を感じています。残りのドイツ生活も後悔の無いようしっかり楽しんで帰りたいと思います。帰国後、若者の会などで、日独協会のみなさんとドイツについてお話ができることを楽しみにしています。

カテゴリー: ドイツ便り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です