記念講演会「ベルリンの壁崩壊20周年」

平成21年9月23日(水)午後2時より、香川国際交流会館(アイパル香川)において、本年7月に就任されたドイツ連邦共和国総領事アレ クサンダー・オルブリッヒ氏による記念講演会「ベルリンの壁崩壊20周年」が開催されました。

武部会長の挨拶、総領事の経歴紹介に引き続き、総領事館赤松恒樹翻訳官の通訳を交え、講演が始まりました。講演では、1961年に始まっ た東西ベルリンの境界線の封鎖、ベルリンの壁建設から、1989年のベルリンの壁崩壊にいたる経過がパワーポイントを使って分かりやすく紹介していただき ました。来場者も皆熱心に耳を傾けていました。

ベルリンの壁が崩壊して20年が経過しましたが、改めてその時の情景が鮮やかによみがえり、多くの人々の努力と苦労が思い起こされまし た。

[西原 浩]

写真提供  多田 宏 会員

記念講演会「ベルリンの壁崩壊20周年」
講 師  ドイツ連邦共和国総領事
アレクサンダー・オルブリッヒ氏

開催日 平成21年9月23日(水)
午後2時~午後3時30分

会 場  アイパル香川3F 大会議室
高松市番町1丁目11-6

カテゴリー: 平成21年度 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です