Berichte

日独友好交流会開催

2004年3月22日(月)全日空ホテル・クレメント高松で、全国日独協会連合会総会に出席のドイツからの独日協会連合会会長・副会長をはじめ21人が観 光のため来県、琴平、栗林公園、屋島四国村を見学後、夕刻より日独友好交流会が開催されました。ドイツ各地8ヶ所(Augsburg, Berlin, Bonn, Frankfurt, Oldenburg, Potsdam, Bad-Säckingen, Würzburg)の独日協会役員、神戸日独協 会からの客人らをあわせ盛大な交流会となりました。
香川県庁邦楽研究会のさくら変奏曲で客人が入場し、木村香大学長の乾杯で開宴しました。邦楽童謡メドレー、西原香大教授による合気道の演武、金地会員の邦 舞など和気藹々に過ぎ、サプライズ・ケーキでかがり手まりが当選者に渡されると一段と会が沸き立ちました。
最後はBerlin独日協会会長のリードでドイツの歌メドレーで盛り上がり、1本締めでお開きとなりました。

講演会開催(2003年10月5日)

鳴門市ドイツ館 館長田村一郎 氏による講演会をアイパル香川で開催いたしました。
演題は「ドイツ兵俘虜と香川」 高木副会長の司会ではじまり あふれんばかりの出席者が 各自熱心に聞きいり 雰囲気をもりあげました。後の 質問にも 年老いた母親から聞いたドイツ兵の姿、第2次大戦中の善通寺米軍収容所 塩谷所長の戦後のご様子など思いがけない話題に話がわきました。 また、善通寺を再訪したかっての米軍兵がたどる姿をNHK高松のビデオに収録され ており これは協会事務局で 保管していますのでご希望のかたは どうぞ ご連絡下さい。(TEL 087―861―6820)

香川日独協会会長 中村敏子